シャンクレール 評判

シャンクレールの婚活パーティーってどうよ?

このサイトは、30代男子の僕がシャンクレールの婚活パーティーに何度か参加してみて思ったことを好き勝手に書いた婚活レビューサイトです。

 

>>>僕が初参加した時の記念すべきレビューはこちら

 

【attention!】『婚活パーティー』(お見合いパーティーとも言う)は、

  • 1対1の会話型
  • 大人数でフリータイムに好きな子と話す形

の2つに大別できます。
シャンクレールのパーティーはフリータイム制の大人数形式で、まさに『パーティー』と呼べるワイワイ型形式です。

 

僕がシャンクレールを利用するいちばんの理由

僕がシャンクレールをリピート参加する理由をバカ正直に言いますと、
◎美人さん、かわいい子が多い。
コレに尽きます…。

 

あ、参加申し込みは⇒ココからしてます。

 

 

全く自慢にならないですが、30歳を過ぎてからPARTYPARTY、クラブチャティオ、ホワイトキーなど複数の婚活パーティーに参加してきました。その中でも、シャンクレールのパーティーはなぜか「美人さんが多いなー」という印象が強いです。
面食いの僕はどうしても見た目も重視してしまうので、顔が受け付けないと(すいません^^;)会話も弾まなくなる傾向が…^^;

 

で、いろんなパーティーに参加した結果、いちばん会話が弾んで楽しめる(もちろん連絡先交換率も高い!)傾向が強いのが、シャンクレールのパーティーでした。
おそらく、シャンクレールのパーティーって女性の参加費がめちゃくちゃ安いからだと思います。
そのぶん、結婚への意識が高い人はPARTYPARTYやクラブチャティオの方が多い気はするんですが、僕みたいな『結婚相手は中身が大事とはいえ、やっぱり顔も重要だろ!?』と思ってる男性には、シャンクレールは行って損がないパーティーなんです。

 

※注:他のパーティーに参加してる女性が顔が悪いって意味では決してありませんので(;´∀`)
 シャンクレールはずば抜けて顔がいい子が多い傾向ってだけです。

 

 

シャンクレールの婚活パーティー参加前の男子が知っておくべき
 初めてでも慌てない&失敗しないための6つのポイント

 

シャンクレールにリピート参加するなかで、いくつかポイントを把握するようになってきたので、ここでは忘備録的にまとめておきます。これから婚活パーティーに初参加する!っていう、世の婚活男性仲間の参考になればこれ幸いでございます。

 

シャンクレールの婚活パーティーの流れに沿って見ていこう

 

シャンクレールの本人確認をさくっと済ませるために

パーティー開始の前に必ず通るのが受付です。
受付では、まずは本人である事の確認をするために、本人確認証の提示を行います。
安心にパーティーを利用するための高いセキュリティは魅力的ですよね。
本人確認、年齢確認として、免許証や保険証、パスポートの身分証の提示が義務付けられているので、年齢詐称などもなく安心。

 

受付では本人確認の他に、プロフィールカードなどの配布物の受け取りや、自分のナンバー札も渡されます。
参加費の支払いも当日受付にて行います。
参加者が多い時は受付が混雑することもあるので、おつりが出ないように事前に用意しておくとスムーズに進めます。
時間が押すことの無いように、身分証とお金の事前準備は意外と重要なのでございます…。
「身分証どこやったっけ〜?」とかやってて貴重なパーティータイムの開始が遅れるとみんなに迷惑がかかるんでね。

 

 

プロフィールカードには下手でも絵を描く!

受付で配布物を受け取ったら、パーティー開始までにプロフィールカードの記入をします。
ここで注意したいのが、事前にプロフィールカードを記入するボールペンの持参です。
シャンクレールではボールペンの配布はなく、忘れてしまうと1本100円で購入しなくてはいけないので、忘れずにもって行きましょう。

 

プロフィールカードは唯一自分の事をわかりやすく知ってもらえるアイテムです。
しかし、じっくりと相手のプロフィールカードを読む時間もないので、細かく長々と書かずに、わかりやすく簡潔に書くようにすると良いでしょう。

 

真剣度がまるわかり!全ての欄を埋めるのはマストだっ!

空白が目立つと、やる気が感じられなかったり、会話のネタが不足してしまいます。
シャンクレールのプロフィールカードはユニークで、イラストを書くスペースもあります。上手くても下手でも、イラストを書くと話しが盛り上がりますので、ぜひイラストで書く事をオススメします。
僕も絵は下手なんですが、それをツッコまれたり笑いになるので会話が弾みますよ^^

 

 

自己紹介タイムと第一印象チェックは、慌てずとにかく笑顔で!

パーティーがスタートすると、まずは自己紹介タイムです。先ほど記入したプロフィールカードを異性と交換して会話していきます
大体1人2、3分程度、1対1で自己紹介をしますが、参加したパーティーが大人数であればある程、誰が誰だかわからなくなってしまうので、ココでは事前に配布されているチェックシートをうまく活用します。
会話が終わったらその都度、チェックシートに相手の印象を簡単に残しておくと後々ミスが起こりません。
僕は初参加のとき、緊張しすぎて気になった女の子の番号を書くのを忘れ、相当落ち込んだ経験があります。
慌ただしくて印象などを記入している暇がない場合でも、気に入った人の番号だけは書いておくのは必須ですね^^;

 

自己紹介タイムの後は『第一印象チェック』があります。
第一印象チェックでは、気になった人の番号を3名まで記入してスタッフに提出します。結果はフリータイム中に、自分が指名した相手へカードが渡されるので、ここにどの子の番号を書くか?でフリータイムを左右されます。

 

ちょっとでもいいな、と思った女の子にはマックス3名にカードを出しておくと可能性が広がりますよ。
第一印象はとても大切ですので、自己紹介タイムでは積極的に話しかけ笑顔を忘れないようにすることも超大事です。会話がないと「つまらない男」の烙印を押され、誰からも相手にされないですから…( ;∀;)

 

 

フリータイムでは素直にアピールした方が喜ばれる!

いよいよフリータイムのはじまりです。
フリータイムではドリンクを飲みながらじっくりと会話する事ができます。口下手な方は、ここで何を話せば良いのかと思う方も多いのではないでしょうか。僕も初参加の時はさっぱりわかりませんでした…。
ここで使えるのがやはりプロフィールカードです。プロフィールカードを見ながら気になる点を聞いてみたり、聞かれた事に答えたりしていくと、口下手でもそれなりに喋れるものです。だからこそ、最初のカード記入は大事なんですよね。

 

さて。このフリータイムが最後のチャンスですので、『この子だ!!』と思う人がいた場合は積極的にアピールすると良いですよ。
「パーティーのあともう少しお話しませんか?」など、伝えてみても良いですし、緊張してても自分らしさを存分にアピールしたほうが女の子の反応も上がります。
しかし!自慢話や自分の事ばかり話してしまう事のないよう配慮も必要ですよ。これだとただのウザい男と思われて嫌われますから^^;

 

 

シャッフルタイムでは狙った女の子に一直線に死守せよ!

フリータイムでは、沢山の人と話す事ができるように4〜5回パートナーチェンジをするシャッフルタイムがあります。
他の人とも話したいけど、会話を中断するのは失礼かも?と心配する必要はありません。

 

シャッフルタイムでパートナーチェンジをするときは、早いもの勝ちです。気になる女の子がいる場合は迷わず声を掛けにいきましょう!
もたもたしていると、他の人に取られてしまいます( ;∀;)
大体最初のシャッフルタイムでは、ガツガツ移動して良いのかみなさん迷っている事が多ので、この隙を狙って一直線に狙った女の子の元へ向かった者が婚活パーティーを制すると言っても過言ではないと思います。

 

 

周りにバレないカップル発表が◎。しかし、ここからが本当の勝負だった…

最後は告白カードに意中の相手の番号を書きます。スタッフが告白カードを集計して、ついにカップルの発表です。
カップル発表というと、呼ばれたら立たなければいけなかったり、前に出なければいけなかったりする所もありますが、シャンクレールのカップル発表は、番号のみの発表なので恥ずかしくありません。

 

パーティー終了後、カップルになった人達は連絡先を交換するなり、食事をして帰るなりそれぞれ自由に楽しむ事ができます。
しかしですねえ…

 

カップルになってからが本当のスタート

ここまで僕が婚活パーティーでカップリング率を上げるために心がけているポイントを書いてきましたが、カップル成立は始まりでしかありません。結婚するために本当に努力していかないといけないのはここからです。
いくら婚活パーティーで良い印象を与えても、「最初はいい人だと思ったのに…」なーんてことになっては意味がないですからね^^;女性には常に思いやりの心を忘れては行かんなあ、と常々反省させられています…。
僕も婚活パーティーでカップリングした女の子と付き合ったり、1-2回デートしただけで音信不通になったりといろいろありましたが^^;やっぱり婚活パーティーに参加することで出会いの機会はめちゃくちゃ広がるので、今後も上手に活用できるものだと感じています。

 

なにはともあれ、はやく結婚できるようにがんばろっと。。。

⇒参加申し込みはココからしてます。